東アジア速報

Sponser

ITEM

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

検索フォーム

リンク


このブログをリンクに追加する

カテゴリ

TOP > 東アジアニュース > 【朝日新聞研究】朝日の“悪質なプロパガンダ” 中国への批判と安倍政権を重ね合わせる手法

【朝日新聞研究】朝日の“悪質なプロパガンダ” 中国への批判と安倍政権を重ね合わせる手法


このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :◆sRJYpneS5Y:2015/07/05(日)17:56:38 ID:???

【朝日新聞研究】朝日の“悪質なプロパガンダ” 中国への批判と安倍政権を重ね合わせる手法 (1/2ページ)
2015.07.05

 前回の連載で紹介したように、朝日新聞は5月10日の「対独戦勝70年」
「ロシアこそ歴史に目を」という社説で、ロシアと同時に中国への批判も行っていた。
元来、中国には極めて甘いと感じる朝日新聞の報道姿勢であるが、
昨今の状況はそれを許さないようになったのである。

 それは社説のタイトルにも表れている。例えば、5月16日には「NPT会議」
「中国の要求は筋違いだ」。同23日には「中国の弾圧」「人権弁護士を釈放せよ」。
6月2日には「南シナ海問題」「中国は埋め立て中止を」などである。

 中国への批判は至極もっともだが、朝日新聞はこの中国のマイナスイメージを、
安倍晋三政権への批判と重ね合わせる手法を使いだしたようだ。

 素粒子欄の一例を挙げれば、4月18日に「意に染まぬ放送局に停波をかざす自民党。
痴漢防止を訴えると捕まる中国。世に唯一の統治者であるがごとくに」とある。

 6月5日の「社説余滴」欄の「親米改憲と反米護憲」には、その手法が典型的に使われていると感じた。少し長いが引用する。

 《自民党が3年前に発表した憲法改正草案は、第9条の2に『国防軍』を明確に規定する一方、
人権に関する条文では『公益及び公の秩序に反しないように』と制限を設けている。

 この部分が中国の現行憲法と似ているとは、かねて指摘されているところだ。
中国は言論の自由や学問の自由を憲法に定めておきながら、政権批判を容赦なく処罰する、
という周知の現実がある。

続き ZAKZAK 
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150705/dms1507050830006-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150705/dms1507050830006-n2.htm

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 23◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1435737718/285


2 :名無しさん@おーぷん :2015/07/05(日)17:58:42 ID:gZe

悪質上等…朝日新聞です


3 :名無しさん@おーぷん :2015/07/05(日)17:59:48 ID:hmp

悪質なプロパガンダ新聞だからしょうがない




7 :名無しさん@おーぷん :2015/07/05(日)18:13:00 ID:98G

悪質というかおバカだな。
朝日は中国様大好きなんだから自民党を批判しちゃダメなのに。


9 :名無しさん@おーぷん :2015/07/05(日)18:30:57 ID:w3N

長らくメディア特権にあぐらかいてたせいか、記者の劣化が激しいんだよな。
チョ日に限らんけどさ。


13 :名無しさん@おーぷん :2015/07/05(日)19:33:37 ID:PAT

政治での暴力肯定する天安門事件のような事をやらかしてるのは民主党なのにな


14 :名無しさん@おーぷん :2015/07/05(日)20:24:58 ID:MC9

マスコミは何をやってもいいと思ってるのかね



Source : http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1436086598/
関連記事





あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 【朝日新聞研究】朝日の“悪質なプロパガンダ” 中国への批判と安倍政権を重ね合わせる手法


COMMENT

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »