東アジア速報

Sponser

ITEM

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

検索フォーム

リンク


このブログをリンクに追加する

カテゴリ

TOP > 東アジアニュース > 【国際】中国は日米と戦争するか スケープゴートは日本 尖閣に手を出す可能性は「ある」 防衛大・村井教授 ~ 中国が日本に勝てる条件は、絶対に米国が出てこないこと。[H26/11/10]

【国際】中国は日米と戦争するか スケープゴートは日本 尖閣に手を出す可能性は「ある」 防衛大・村井教授 ~ 中国が日本に勝てる条件は、絶対に米国が出てこないこと。[H26/11/10]


このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :6564億円◆o8vqQW81IE :2014/11/10(月)10:44:19 ID:???

 群馬「正論」懇話会の第36回講演会が10月30日、前橋市の前橋商工会議所会館で開かれ、
防衛大教授の村井友秀氏が「東アジアの『戦争と平和』」と題して講演、パワーシフト理論を使って米中、
日中間で戦争が起きる可能性を分析し、「米中は戦争しないが、日中は起こり得る」と指摘。
戦争を抑止するために、日本が軍事力を増強する必要性を訴えた。詳報は以下のとおり。

■軍事力の変動から説くパワーシフト理論
 戦争が起こる仕組みをパワーシフトの理論を使って説明したい。この理論は過去500年間に欧州で起きた200件の戦争について言えることだ。

 仮に今、Bという国がAという国よりも軍事力の点で優位で、B国がA国に追い付かれそうになっているとする。
この状態でB国がA国に仕掛ける戦争を「予防戦争」と呼ぶ。
逆にA国がB国をすでに追い越し、追い越したA国が自国の優位を固めるためにB国に起こす戦争を「機会主義的戦争」と呼ぶ。
戦争には、この2種類しかない。戦争は軍事上、強い方が始める。

 予防戦争の例を挙げると、1941年の日米戦争が当てはまる。
当時の国力は米国を5とすると、日本は1。それなのに、なぜ日本は戦争を仕掛けたのか。
日本の方が強いと思ったからだ。なぜか。太平洋に展開できる海軍力は日本の方が上だったからだ。

■米中間のパワーシフト
 今、米国と中国の間でパワーシフトが起こっているといわれている。この理論において、
戦争が起きやすい軍事力の差はプラスマイナス20%ぐらいといわれている。
圧倒的な差が付くと戦争は起きない。戦争をしなくても圧倒的な差があれば、弱い方は言うことをきくからだ。

(中略)

■日中戦争は起こり得る
 日本と中国ではどうか。日本と中国では、パワーシフトが起こっているといわれている。戦争が起きる可能性が高いのは、米中ではなく、日中の方だ。

 では、日中間では、どういった戦争が考えられるか。

 戦争には、大・中・小がある。中国共産党は合理的な政府で、徹頭徹尾、損得の利害で動く。
異質なのは韓国。あの国は利害関係を無視し感情的に走ることがある。
中国は米国が出てくるような大規模な戦争はしない。負けるからだ。

■中国が考える日中戦の勝機は「米国抜き」
 中国が日本に勝てる条件は、絶対に米国が出てこないこと。この視点から問題になるのが、尖閣周辺などで想定される小規模な戦争だ。
中国は小さい戦争なら米国は出てこないとみている。その根拠は何か。米国は尖閣について2つの立場、見解を示す。
1つは「日米安保条約の適用範囲だ」という。一方で、領有権について「米国は中立の立場だ」ともいっている。
これはどういう意味か。中国にも日本にも「尖閣に出てくるな」ということだ。
双方を抑止しようとしているということで、だから中国は尖閣をめぐる戦争に米国は出てこないと思っている。

 日本と中国との間に戦争が起きないようにするには、どうすればいいか。
それは、日本が単独でも勝てるようになるか、中国に米国が必ず出てくると思わせるかのどちらかしかない。
しかし、米国が必ず出てくると思わせることは無理だ。なぜなら、あの国(中国)は同盟というものを信じていないからだ。

(後略)

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ

産経ニュース 11月10日付け
http://www.sankei.com/premium/news/141110/prm1411100004-n4.html


4 :名無しさん@おーぷん :2014/11/10(月)11:28:35 ID:7plL262CE

鎧袖一触などと敵を侮るのは旧軍と同じ轍だぞ









Source : http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1415583859/
関連記事





あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 【国際】中国は日米と戦争するか スケープゴートは日本 尖閣に手を出す可能性は「ある」 防衛大・村井教授 ~ 中国が日本に勝てる条件は、絶対に米国が出てこないこと。[H26/11/10]


COMMENT

No.11895

昇進する為に軍の兵器を鉄屑屋に売り飛ばして
金を稼いで上官に貢いでいるような
軍隊に負ける訳ないだろ
連中の正面装備は帳簿上の正面装備だ

2014.11.10 | URL | 名無しさん #- [ 編集 ]

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »